>アーカイブ>EFO対策を行なってホームページ閲覧者の離脱率を下げよう

EFOについて詳しく学ぼう

EFOとは、ネット上の入力フォームを最適化することを指します。

EFOのメリット・デメリット

離脱率低下

情報入力に手間取ると利用を諦めてしまいますが、EFOで離脱率を下げることができます。

コストがかかる

EFOを導入する際には、自社で行っても外部委託しても、一定のコストが必要となります。

利用者のために行うEFOの流れ

訪問者は多いのに利用者が少ない場合には、入力フォームに問題がある可能性が高いです。EFOで利用者が離れるのを防ぎましょう。

EFOの流れを知ろう

PC

専門サービスに依頼

自社内でEFOが行えない場合には、専用サービスに申し込みましょう。

条件を設定

入力フォームに必要な条件を考えて、専用サービスに内容を伝えます。

タグを発行

専用サービスは、条件を元に数日以内にタグを発行してくれます。

タグの埋め込み

タグの埋め込みまで完了したら、テストを行って問題がないか確認します。

自社で動作確認

専用サービスから連絡が来たら、自社内で動作確認します。問題がなければ導入作業完了です。

EFO対策を行なってホームページ閲覧者の離脱率を下げよう

女性

EFOを行うなら専門業者に任せよう

自社内にシステムに詳しい人がいればEFOを任せられますが、難しければ専門業者に依頼しましょう。専門業者であれば、入力フォームをスピーディに最適化してくれるでしょう。EFOについて疑問があれば、まずは相談してみましょう。

電子端末

依頼費用について

EFOを導入すれば、使い勝手のいい入力フォームが月額5万円から15万円程度で利用できます。初期費用は5万円前後が一般的ですが、中には無料の業者もあります。業者によって設定料金は異なるので、よく比較してサービスを選びましょう。

わからないことはそのままにせずに問合せ!

EFOの導入と一口に言っても、利用できる機能や費用は異なります。サービス内容がよくわからなければ、直接業者に問い合わせてください。予算が決まっている企業は、いきなり依頼せずにまずは見積もりを取りましょう。